2018/02/13 12:00

第68回 提供スピードの速さに驚き!地元・岐阜市に根付くそばの老舗「更科」

通し営業なので、昼時に食事がとれなかった人にもありがたい/photo by ふるさとあやの/(C)KADOKAWA
通し営業なので、昼時に食事がとれなかった人にもありがたい/photo by ふるさとあやの/(C)KADOKAWA

岐阜市の官庁街に店を構え、特に昼時はビジネスマンでにぎわう老舗そば店「更科」。来店する客の8割が注文するという「冷やしたぬき」は、この店の代名詞ともいうべき名物メニューだ。

■ 冬でも1日300杯以上の注文がある「冷やしたぬき」

「更科」は1928(昭和3)年に岐阜市柳ケ瀬で創業。その後、戦災により現在の岐阜市京町へ移ってきた。

大阪で修業を積んだ初代の味を守り続けるのは、3代目店主の水野信さん。現在は長男である雄一さん、長女の亜沙子さん、次男の悟さんの3兄弟も店に立ち、家族で暖簾を守っている。

来店するほとんどの客が注文するほどの人気メニュー「冷やしたぬきダブル」(770円)。ダブルというのは、並(670円)の1.5倍量なのだが、圧倒的にダブルを注文する客が多いという。まず注目すべきは提供されるまでのスピードだ。注文してから1分足らずで出てくるので、昼時のビジネスマンにはとてもありがたい。

「うちの店はお客さんをお待たせしないよう、スピード命。これまでに最速で8秒で出したこともありました。体感ですけど…」と笑う雄一さん。「僕らは経験則で動くから、炊く、冷やすなどのタイミングがわかるんです。常連さんが多いということもあって、お客さんの顔を見れば注文するメニューも予想できるので」と速さの秘密を明かしてくれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >