2018/02/14 12:00

第69回 板前が生んだ伊勢のソウルフード「まんぷく食堂」

駅に隣接した宇治山田ショッピングセンター内にある「まんぷく食堂」。外からの入口も設けられている/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA
駅に隣接した宇治山田ショッピングセンター内にある「まんぷく食堂」。外からの入口も設けられている/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA

三重県伊勢市の宇治山田駅に隣接した商業施設「宇治山田ショッピングセンター」の中に、“伊勢のソウルフード”を出すと評判の店がある。「まんぷく食堂」だ。

■ 板前が夢を形にした「まんぷく食堂」

「まんぷく食堂」の創業は1975(昭和50)年のこと。和食の板前だった鋤柄(すきがら)広彦さんが28歳で「自分の店を持ちたい」と独立してスタートした。当時、26歳だった妻の鈴子さんと一緒に店を始め、早々に開発したのが「からあげ丼」(630円)である。この名物はすぐに地元でおいしいと話題となった。客を魅了するレシピは「秘密です」と鈴子さんがウフフと笑う。しかし「身体にいいものを使っとります」とヒントをくれた。

現在は、創業者の息子である大平(たいへい)さんが店に入っている。広彦さんが大平さんの大学在学中に亡くなり、大平さんは卒業後にすぐ店を手伝うようになった。また最近は、鈴子さんが足を悪くしてしまったため、調理場には立たず店内に座り、客の話し相手を担当している。名義のうえでは鈴子さんが主人だが、料理など店の運営は大平さんが主力となっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >