2018/02/15 12:00

第70回 秘伝の焼肉タレで作る進化形きしめんが話題!名古屋駅界隈の老舗「朝日屋」

うどんやきしめんのほか、定食メニューもそろう食事処/photo by ふるさとあやの/(C)KADOKAWA
うどんやきしめんのほか、定食メニューもそろう食事処/photo by ふるさとあやの/(C)KADOKAWA

名古屋駅と亀島駅の中間地点に位置する、名古屋市中村区の「朝日屋」。こちらは昔ながらのうどん店でありながら、名古屋名物きしめんの進化形メニューが味わえるとあって、人気を呼んでいる。

■ きしめんが鉄板ナポリタン風に登場!?

「朝日屋」は現在、3代目店主である堀場剛さんと、妻の美香さん、堀場さんの母・敬子さんの3人で切り盛りしている。剛さんの祖父にあたる初代が、1934(昭和9)年に創業。当初は現在の店内スペースの半分ほどで、出前専門店として営業していた。その後、剛さんの父である2代目が身体を壊して出前を続けるのが難しくなり、それがきっかけで1973(昭和48)年に出前をやめて今の食事処のスタイルになった。

メディアなどで新しいなごやめしとして取り上げられ話題を呼んでいるのが、いまや朝日屋の名物となった「焼き太きしめん」(720円)だ。こちらは、鉄板に卵を敷いてその上にきしめんをのせたメニューで、なごやめしの鉄板ナポリタンを彷彿とさせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >