2018/02/13 21:55

カキ料理のプロに聞く! 知ってるようで知らない、おいしいカキの見分け方と手軽に作れる絶品カキ料理

カキは、エサとなるプランクトンや海水に含まれる栄養分の量や塩分などで味が異なるという。さまざまな産地のものを試して、味の違いや好みを見つけるのもおもしろい
カキは、エサとなるプランクトンや海水に含まれる栄養分の量や塩分などで味が異なるという。さまざまな産地のものを試して、味の違いや好みを見つけるのもおもしろい

 旬まっさかりの「カキ」ですが、意外と知らないカキのこと。今回、おいしいカキ料理を提供することで有名な大阪・福島にある「Mattu Rio(マッツー リオ)」のオーナー・井川大輔さんにカキの種類や旬、おいしいカキの見分け方を聞いてきました。(※店名は以下、マッツー リオとカタカタ表記します)

■ カキの種類を教えてください?

「私たちがよく知っているカキと言えば「真ガキ」と「岩ガキ」。大きく分けるとこの2種です。実は、意外にもカキの種類は多く、シカメ牡蠣やスミノエガキ、毛ガキなど、なかなか市場ではお目にかかれない希少な種類も存在するんですよ」

■ 旬はいつですか?

「簡単に言うと、真ガキの旬は冬で、岩ガキは夏。真ガキは10~11月ごろから出始め、このころはあっさり。そして、一般的に旬とされるのがちょうど今頃12~3月のカキです。一般的にあまり知られていないのですが、実は4~7月のカキが一番おいしいんですよ。この時期のカキは、春カキと呼ばれ、産卵準備に入り体内に栄養をたっぷり蓄えるため、とてもクリーミーで岩ガキに近い味わいが楽しめます。なお、三倍体という産卵しない真ガキも存在し、これらは時期に関係なく、1年中食べることができます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >