2018/02/09 23:24

阪神タイガースのキャンプ地で食べたい!沖縄・宜野座村のおすすめグルメ5選

フードコートでは、地元の食材を使ったメニューや本場の味が楽しめる
フードコートでは、地元の食材を使ったメニューや本場の味が楽しめる

2月に入り、日本プロ野球の春季キャンプがスタート。沖縄には9球団がキャンプインし、阪神タイガースも宜野座村で開幕に向け、練習に励んでいる。

ファンなら一度は訪れてみたい春季キャンプだが、選手を間近で観られること以外に、地元グルメを味わえることも楽しみのひとつ。今回は、阪神のキャンプ地である「かりゆしホテルズ ボールパーク宜野座」球場内のフードコートで味わえる厳選グルメ5種を紹介。

■ ステーキ文化が根付く沖縄らしい一品「県産牛のステーキ丼」

アメリカの食文化の影響から沖縄でステーキは身近な食べもの。飲食店も経営する「なかめじょーぐゎー」は、「県産牛のステーキ丼」(1000円)を提供。牛肉はミスジ肉を使用し、宜野座産の小松菜と一緒に鉄板で調理している。ご飯が盛られた丼の上に乗せ、タマネギ・リンゴ・ハチミツ、そしてニンニクのアクセントが効いたオリジナルのタレをかけて味わう。調理は注文を受けてから。大きなサイズの肉が鉄板で「ジュー、ジュー」と焼かれるその音に、思わず食欲がかき立てられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >