2018/02/17 12:00

読売巨人軍のキャンプ地で食べたい!那覇のおすすめグルメ5選

フードコートエリアでは沖縄らしいグルメが多数並ぶ
フードコートエリアでは沖縄らしいグルメが多数並ぶ

2月に入り、日本プロ野球の春季キャンプがスタート。沖縄には9球団がキャンプインし、読売巨人軍も那覇で開幕に向け、練習に励んでいる。

ファンなら一度は訪れてみたい春季キャンプだが、選手を間近で観られること以外に、地元グルメを味わえることも楽しみのひとつ。今回は、巨人のキャンプ地である「沖縄セルラースタジアム那覇」球場内のフードコートで味わえる厳選グルメ5種を紹介。

■ 沖縄に来たらまずはコレ「軟骨ソーキそば」

旅行で沖縄を訪れた際に、ほとんどの人が口にするのが「沖縄そば」。沖縄県は1日で19~20万食が消費され、3日に1回のペースで消費されているほどで、ソウルフードといっても過言ではない。県内で数多くの店舗を構える「本家 亀そば」が提供するのは、「軟骨ソーキそば」(600円)。そばの上に盛られた軟骨ソーキはとろけるような食感で、スープだしは中国から沖縄に伝来したといわれている黒豚“あぐー”を使用。かつおダシをブレンドしているので、あっさりしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >