2018/02/23 17:00

横浜・日ノ出町に新たなG系がオープン。野菜だけで600g、総重量1,400gの巨大な山を攻略せよ!

「お腹一杯食べてください!」と、店長の林 小明(リン ショウメイ)さん。ただし自分の胃袋と相談して、食べ切れる量を注文しよう/(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久
「お腹一杯食べてください!」と、店長の林 小明(リン ショウメイ)さん。ただし自分の胃袋と相談して、食べ切れる量を注文しよう/(C)KADOKAWA 撮影=宮川朋久

ラーメンの中でも特に人気が高いG(ガッツリ)系。横浜エリアには直系の超人気店をはじめ、名だたる名店がしのぎを削っている。そんなG系激戦区にニューカマ―が参戦。2017年11月28日にオープンした「麺屋 臥竜(めんや がりゅう)」(横浜市中区日の出町)がそれで、食べ応えのあるボリュームと多彩なメニューで早くも人気を集めている。

■ 力強い乳化系スープに、キレのある醤油ダレとニンニク・背脂がマッチ!

京浜急行本線日ノ出町駅からすぐ。鮮やかな黄色い看板が目を引き、遠くからでもG系の店であることが一目瞭然の「麺屋 臥竜」。オープンして2か月足らずだが、学生やサラリーマンを中心に連日にぎわっている。「味噌ラーメン」(800円)や「魚介つけ麺」(800円)など、多彩なメニューがそろうが、一番人気は基本の「ラーメン」(700円)。スープはG系では少数派の乳化系で、豚骨と鶏ガラを強火で1日中ガンガンに炊き上げている。スープ自体の旨味が強く、さらにG系の王道のカネシ醤油を使った醤油ダレを合わせることで、キレのある一杯に仕上げている。麺は並200gと中300gが同料金で、大400g(+100円)まであり。そしてG系の醍醐味である“コール”は、ニンニク(あり・なし)と野菜・背脂(マシ・マシマシ)をお好みで選べる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >