2018/03/07 18:00

<メイド・イン・九州>くばらの「キャベツのうまたれ」

発売から18年、くばらの「キャベツのうまたれ」(280g291円)
発売から18年、くばらの「キャベツのうまたれ」(280g291円)

九州のロングセラー商品の秘密にせまる「メインド・イン・九州」。今回は、くばらの「キャベツのうまたれ」をピックアップ!

■ 「キャベツのうまたれ」(280g291円)

自社製造する醤油と黒酢を原料に、ノンオイルでさっぱりとした味わいに仕上げている。2015年のリニューアルで、焼きあごダシが加わり、より旨味がアップ。キャベツだけでなく、他の野菜や豆腐、揚げ物などにも使える万能調味料だ。

■ 焼鳥文化を全国に広めた名脇役

博多では、焼鳥に生のキャベツを添えるのが定番。そのキャベツ専用のタレとして、福岡の焼鳥文化を支えてきたのが、「キャベツのうまたれ」だ。発売は1999年、スーパーで調理済み焼鳥の売上げが伸びていたことから、“焼鳥を家庭でも食べるなら、博多らしく、つけ合わせのキャベツもタレと共に楽しんでほしい”という思いで、家庭向け商品として開発された。酢と醤油を原料とするシンプルな調味料であったが、他社が参入していない分野だけに、指標となる味がなく、味作りには苦戦を重ねる。酢が強すぎても万人受けしないが、焼鳥に合うよう、あえて酢の酸味を効かせて、パンチのある味で勝負した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >