2018/03/07 15:56

<福岡うどん愛>讃岐うどんを博多流にアレンジした「讃岐うどん 田」

香川の濃口醤油で味付けされた「しょうゆうどん」(470円)。事前に醤油はかけられているが、好みで追加することも可能
香川の濃口醤油で味付けされた「しょうゆうどん」(470円)。事前に醤油はかけられているが、好みで追加することも可能

日本銀行福岡支店裏手の北天神に位置する「讃岐うどん 田(でん)」(福岡市中央区)。昼時になると周辺で働くサラリーマンやOLが集まり、全21席の店内はあっという間に満席となる。

屋号に「讃岐うどん」とあるが、「田」の麺はモッチリと柔らかいのが特徴。どのようにして現在のスタイルにたどり着いたのか、店主・田中健さんに話を聞いてみた。

■ 客の舌に合わせ柔らかなうどん麺に変化

創業は1997年。コシの強い讃岐うどんに魅せられた田中さんが、福岡でもその味を広めようと本場・香川で修業を積み、現在の場所に店をオープンさせた。今でこそ讃岐うどんの店は珍しくないが、20年前までは「うどん=柔らかい」というイメージを持つ地元民が多く、本場さながらの田中さんの麺はなかなか客に受け入れられなかったという。そこで、修行店で学んだ製法を基に、福岡で主流の柔らかな麺へ改良。20年も地元民に愛される独自の麺にたどり着いたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >