2018/03/16 19:19

酒税法改正で日本のビールが大きく変わる!キリンから果実系クラフトビール3種類が登場

キリンビールから新発売の果実系クラフトビール3種類
キリンビールから新発売の果実系クラフトビール3種類

ビール好きにとって、今年4月1日の酒税法改正は特別なものになるだろう。なぜなら、ビールの定義が拡大され、麦芽比率の変更と副原料の拡大により、ビールメーカーは個性的で多彩なビールを販売できるようになるからだ。これまでのビールは「麦芽比率67%以上、副原料は麦・米・とうもろこしなどに限定」だったが、4月1日からは「麦芽比率50%以上、副原料は従来のものに加えて果実・香辛料・ハーブなども使用可能」になる。そのため、従来なら「発泡酒」だった商品が、4月以降は「ビール」として販売可能になるのだ(ただし、改正後の条件に該当しないものは発泡酒となる)。

この酒税法改正に伴い、キリンビールは果実などを副原料に使った新ビール3種類を、3月に行われた新商品発表会でお披露目した。同社が展開しているクラフトビールの2ブランド、「グランドキリン」と「SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー、以下SVB)」の新商品として発売する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >