2018/04/05 10:00

シンプルながら奥深い一杯で早くも話題に! “伝説の名店”の後継店が綱島にオープン

「特製中華そば」(1,000円)。チャーシューはバラとモモの2種で、店の向かいの精肉店から仕入れた国産豚を使用/(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江
「特製中華そば」(1,000円)。チャーシューはバラとモモの2種で、店の向かいの精肉店から仕入れた国産豚を使用/(C)KADOKAWA 撮影= 後藤利江

ラーメン情報誌「ラーメンWalker」が実施している「ラーメンWalkerグランプリ」にて、神奈川県新人賞部門1位(2012年)、同県総合部門2位(2016年)に輝いた「もりの中華そば」(横浜市港北区・閉店)。行列が途絶えない超人気店だったが、店主の体調不良により2017年7月に惜しまれつつも閉店し、“伝説”となった。それから半年、同じ場所にその系譜を受け継ぐ注目の新店が登場!

■ 店主は「もりの中華そば」と同じ名店出身のスーパールーキー

その店こそ、2018年2月1日にオープンした「中華そば 笑歩(えふ)」。店主は「中華そば 多賀野」(東京・荏原中延)の出身で「もりの中華そば」の店主の弟弟子にあたる。

基本メニューはオーソドックスな「中華そば」(730円)と「つけそば」(800円)のみ。スープは修業先の味を踏襲。比内地鶏のガラを中心に、丸鶏やゲンコツの動物系をまずは強めに炊き上げ、さらにカツオ節や宗田節、煮干しなどを合わせ、鶏の旨味のあとに魚介の風味がじんわりと広がる一杯に仕上げている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >