2018/04/28 12:00

素材と真摯に向き合い、シンプルな中に個性が光る「パンや 日乃光」

「塩バターロール」(120円)。生地は旨味が逃げないよう、オーバーナイト法(長時間冷蔵発酵)でゆっくりと熟成させる
「塩バターロール」(120円)。生地は旨味が逃げないよう、オーバーナイト法(長時間冷蔵発酵)でゆっくりと熟成させる

西鉄天神大牟田線大橋駅より徒歩約10分。子ども連れのママや会社員、ランニング途中の男性など、入れ替わり立ち替わり客が訪れる「パンや 日乃光(ひのひかり)」(福岡市南区向野)。今年2月のオープンにも関わらず、早くも“町のパン屋さん”の顔になっている。

店主の永松晃さんは百貨店に出店する有名店から、地域に根付くパン屋まで、福岡の名だたるベーカリーで20年以上腕を磨いた実力派。福岡県小郡市の「パンネスト」でオープニングから店長を勤めた後、独立開店した。宣伝らしいことを一切せずにオープンしたそうだが、地元をはじめ、評判を聞きつけて遠方から訪れた客で連日大盛況だ。

人気NO.1は、歯切れ、口どけの良さが際立つ「塩バターロール」(120円)。小麦とバターの芳醇な香りに加え、ドイツ産の岩塩が生地の甘味を引き出し、噛むほどにしみじみとおいしい。シンプルだからこそ、素材の味や食感を直に感じられる一品だ。

「アールグレイとホワイトチョコ」(190円)は、ハードな見た目とは裏腹に、外はサックリ、中はふっくら柔らか。口に含むと茶葉の香りが鼻に抜け、ホワイトチョコの甘さがアクセントに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >