2018/04/27 20:26

注文を受けてから客の目の前で手切り! “純手打ち麺”がウリの醤油ラーメンが登場!

手打ち麺を使った「醤油らーめん」(800円)。多加水ならではのプルプルとした食感が楽しめる
手打ち麺を使った「醤油らーめん」(800円)。多加水ならではのプルプルとした食感が楽しめる

2018年3月1日に東京・中野富士見町にオープンした「純手打ち だるま」。店主は東京を代表する名店で修業を積み、独立を果たした。店内で手打ちしている自家製麺が話題を呼び、早くも人気を集めている。

■ 国産100%の小麦を用いた生地を、魂を込めて手で打つ

店主の佐藤勇二さんは、自家製麺に定評がある「麺や 七彩」グループ(東京・八丁堀ほか)で約4年間腕を磨いた。そして2018年3月、修業先仕込みの手打ち麺をウリにした「純手打ち だるま」をオープンさせた。

麺に用いているのは「麺や 七彩」のオリジナル小麦。安心・安全な国産100%で、数種の小麦をブレンドしている。

まずは水回しという工程で小麦と水、かん水、塩をよく混ぜて生地を作る。その際に水を多めに加えているのがポイント。一般的に「多加水麺」と呼ばれるもので、水を多めにすることでプルプルとした食感を生み出す。

その生地を次は伸ばしていく。自家製麺を用いている店でも、この工程は機械で行っているところがほとんどだが、佐藤さんはあえて手で打つ。そのほうが手打ち独特のコシ、食感が出るのだ。また、人によって体重や手の熱などが異なるため、手打ち麺は打つ人の“個性”が表れるそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >