2018/04/27 20:24

名店「麺や 七彩」で腕を磨いた店主が独立オープン。1日90杯限定の手打ちラーメンが評判に!

天井や壁を白でまとめた店内は清潔感がある。厨房を囲むように配されたカウンターは全10席
天井や壁を白でまとめた店内は清潔感がある。厨房を囲むように配されたカウンターは全10席

2018年3月1日に東京・中野富士見町にオープンした「純手打ち だるま」。店内で手打ちしている自家製麺が話題を集め、連日多くの客が訪れている。店主の佐藤勇二さんに独立に至るまでの経緯を聞いた。

■ 脱サラをして名店に弟子入り。4年の修業を経て、満を持して独立へ

大学を卒業後、IT企業でサラリーマンをしていた佐藤さん。しかし学生時代、バリバリのラガーマンだったこともあり、「デスクワークより体を動かす仕事のほうが向いている」と思ったそう。

そんな悶々とした日々を過ごしていたある日、運命の出会いをする。それがたまたま訪れた「食堂 七彩」(東京・都立家政)。

「とにかく手打ち麺が抜群においしかった」と感銘を受け、脱サラをし、同店へ弟子入り。 2年間修業を積み、手打ち麺やスープ作りなどを体得した。さらに「手打ち麺の技術をさらに高めたい」と打ちたて麺を提供する「麺や 七彩」(東京・八丁堀)に移籍。トータル4年間勤め上げたのち、満を持して独立を果たした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >