2018/05/02 15:40

GW後半に行きたい! 横浜・関内に誕生した新たなラーメンの名所、その名も「関内ラーメン横丁」へ!

【写真を見る】「唐桃軒」の「醤油チャーシュー麺」(1,000円)。しっとりと柔らかな肩ロースの大判チャーシューが3枚のる/(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也
【写真を見る】「唐桃軒」の「醤油チャーシュー麺」(1,000円)。しっとりと柔らかな肩ロースの大判チャーシューが3枚のる/(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也

「新横浜ラーメン博物館」(横浜市港北区)や「ビナウォーク ら~めん処」(海老名市)などの人気施設を抱える神奈川県に、新たなラーメン複合施設「関内ラーメン横丁」が2018年4月26日オープンした。“横丁”をコンセプトに、横浜内外の人気ラーメン店に加え、立ち呑み居酒屋も併設する“ラーメンとお酒”が楽しめるスポットだ。

■ 先陣を切って、チャーシュー自慢の横浜の2つの人気店が移転オープン

「関内ラーメン横丁」が入居するのが、横浜・関内駅前の商業ビル「CERTE(セルテ)」の6階。グランドオープン(2018年6月1日[金])に先立ち、2018年4月26日に2つのラーメン店と立ち呑み居酒屋が営業を開始した。

その一つが「唐桃軒(とうとうけん)」。1985年に関内で創業した老舗で、その後伊勢佐木町へ移転。今回再び関内へ凱旋を果たした。看板メニューは「醤油チャーシューメン」(1,000円)。高級国産豚ロースをじっくり煮込んだ自家製チャーシューが有名で、かつて某グルメ番組で1位を獲得したほど。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >