2018/05/10 21:00

甘くてとろける脂にうっとり。銘柄豚・松阪ポークを使ったラーメン&丼を堪能!

「極麺 松阪豚」(900円)。あっさりとした醤油ラーメンに、松阪ポークのチャーシューが2枚のる
「極麺 松阪豚」(900円)。あっさりとした醤油ラーメンに、松阪ポークのチャーシューが2枚のる

松阪牛ラーメンで話題沸騰中の「極麺 松阪」(東京・二子玉川)。実はこの店にはもう一つ看板メニューがある。それが松阪ポークという三重県のブランド豚を使った「極麺 松阪豚」だ。東京では馴染みが薄い松阪ポークとは!?

■ 三重の自然の中で丹念に長期飼育された新興ブランド豚

松阪ポークは、千葉県の食肉加工会社「林(ハヤシ)」が三重県の契約農場で飼育させている自然有機豚。豊かな自然の中でストレスを与えずに長期飼育しているため、通常の豚よりも脂のきめが細やかで、弾力もあり、味の濃い肉になるそう。また、融点(脂が溶ける温度)が低く、まろやかな食感と柔らかな甘味があるのも特徴だ。

「まだまだ東京では認知度が低いですが、とにかく脂身がおいしい」と、「極麺 松阪」をプロデュースした伊藤直也さん。以前、高級炭火焼きダイニングで料理長を務めていた“肉のプロ”である伊藤さんがほれ込み、松阪ポークを使った「極麺 松阪豚」(900円)を考案した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >