2018/05/16 16:00

東京・奥渋谷の“キャメルバック”で見つけた玉子サンド

注文は向かって左の入口、受け取りは右の入口から。テイクアウトが基本だが、店先のベンチでも食べられる
注文は向かって左の入口、受け取りは右の入口から。テイクアウトが基本だが、店先のベンチでも食べられる

“キャメルバック”こと、パン屋「CAMELBACK sandwich&espresso」がたたずむのは、いわゆる「奥渋谷」といわれるエリア。一番近い小田急代々木八幡駅・東京メトロ代々木公園駅から歩いて10分ほどかかるが、目覚めのコーヒーを求める人、店先のベンチでモーニングをとる人など、朝からたくさんの人でにぎわっている。「地元の人や、わざわざ店を探して足を運んでくれた人に、自分たちが自信を持って作ったものをしっかりと届けたい」というオープン当初からの思いが、まさに現実のものとなっている。

使用する3種類のバゲットは、ご近所のパン店「カタネベーカリー」「365日」「タルイベーカリー」から仕入れ、挟む具材によって使い分けている。

全部で8種類あるサンドイッチのうち、7種類はバゲットで作るが、看板メニューの「すしやの玉子サンド」だけはカタネベーカリーのコッペパンを使う。やわらかい食感と優しい味わいが、和風の玉子焼きと相性ぴったりだ。コッペパンは注文が入った後にトーストして、パリッモチッと仕上げている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >