2018/05/10 10:22

京都土産の定番お菓子が夏バージョンに! 「涼 茶の菓」はどんな味わい?

夏限定で発売された「涼 茶の菓」。夏らしく真ん中に涼の焼印が
夏限定で発売された「涼 茶の菓」。夏らしく真ん中に涼の焼印が

京都のお土産物として人気のお菓子「茶の菓」に夏限定バージョン「涼 茶の菓(りょう ちゃのか)」が登場。販売期間は5月1日(火)から8月29日(水)まで。「マールブランシュ」の京都市内14店舗とオンラインショップでの取り扱いです。通常の茶の菓とどう違うのか。5月9日(水)に行われた、お披露目会のレポートとともにお届けします。

■ 夏にぴったりのすっきりとした甘さ

「茶の菓」は厳選された茶葉を使用したラングドシャに、ホワイトチョコレートを挟んだお菓子。パッケージも可愛らしく、お土産にもらったことのあるという方も多いのではないでしょうか。この茶の菓を、夏にぴったりのすっきりとした甘さとパッケージに仕上げたものが夏限定の「涼 茶の菓」です。

■ 味の違いは茶葉の違い

通常の茶の菓が、霧深い渓谷で育つ、宇治 白川産の「山の茶葉」を使用しているのに対し、涼 茶の菓には水辺の砂地で栽培される、浜茶と呼ばれる「川の茶葉」を使用。京都府城陽市 木津川沿いの河川敷で育つ、うま味が強い浜茶。涼 茶の菓のラングドシャには、この浜茶を通常より2割ほど多めに使用しているため、濃くスッキリとした味わいに仕上がっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >