2018/06/07 15:47

ハマの定番おやつ 地元の素材をふんだんに使ったシェフ渾身のパンが並ぶ「soil by HOUTOU BAKERY」

バターの塩味がアクセントに!「あんバターサンド」(200円、2018年7月1日[日]から237円)/(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二
バターの塩味がアクセントに!「あんバターサンド」(200円、2018年7月1日[日]から237円)/(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二

浦賀駅構内にある1924(大正13)年創業の「法塔ベーカリー」の新業態として2016年に県立大学駅にオープンした「soil by HOUTOU BAKERY」(ソイル バイ ホウトーベーカリー)。「ちょっと幸せになれるパン」をテーマに、国産小麦や地元食材を中心に使用したパンが常時60~70種店頭に並ぶ。地元の農家と直接やり取りし、旬の野菜や果物を合わせたパンを得意とし、店頭を覗けば横須賀の旬がわかるほど豊富な食材を使用している。

小森シェフは、「法塔ベーカリー」をはじめ、大阪で人気の「パンデュース」で修業を積み現在に至る。「パンデュース」では、野菜や果物を活かしたパン作りを学び、現在の「soil by HOUTOU BAKERY」のメニュー作りに活かしている。休日はスイーツショップをめぐり、新商品の開発のヒントに役立てるなど日々勉強中。

小森シェフのこだわりは、素材を一番活かせる調理法で調理すること。パンと素材の相性はもちろん、使用する野菜をゆでる、焼く、ボイルするなど、素材の味を一番引き出すことに手間暇かけて作る。また、シェフのひらめきで誕生する限定メニューも多く、特に土曜日はその日限りのメニューの登場もあるので要チェック!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >