2018/06/14 18:00

“カナディアンドリーム”を掴んだ日本人が凱旋。新たな伝説を作る!

「KINTON RAMEN」のゼネラルマネージャー・浦田信明さん。今もカナダに妻子を残していて、日本へは単身赴任という形で滞在している
「KINTON RAMEN」のゼネラルマネージャー・浦田信明さん。今もカナダに妻子を残していて、日本へは単身赴任という形で滞在している

2012年にカナダ・トロントで創業し、今や国内で10店舗、さらには韓国で2店舗を展開している「KINTON RAMEN(キントンラーメン)」。その日本1号店が2018年5月18日に東京・三軒茶屋にオープンした。采配を振るうのは「KINTON RAMEN」のいしずえを作った1人の日本人。彼はなぜカナダに渡ったのか。そしてなぜ日本に戻ってきたのか?

■ 阪神大震災で被災。その炊き出しで長浜ラーメンと出会う

カナダで最も有名なラーメン店と言っても過言ではない「KINTON RAMEN」。経営母体は「KINKA FAMILY(キンカ ファミリー) 」というカナダの現地企業だが、その味を作り出したのは1人の日本人である。それが同店のゼネラルマネージャーの浦田信明さんだ。

兵庫県神戸市で生まれ育った浦田さんだったが、21歳の時に阪神大震災(1996年)に見舞われる。それがラーメンと深く結びつくきっかけとなった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >