2018/06/14 17:00

東京の鯛ラーメンの名店が“まさか”の新味を引っ提げて神奈川初進出!

「伊勢海老つけ麺」を差し出す店主の川瀬裕也さん。「濃厚ですがクセがなく食べやすいです。あっさり派は『昔ながらの中華そば』(780円)もぜひ」/(C)撮影= 齋藤ジン
「伊勢海老つけ麺」を差し出す店主の川瀬裕也さん。「濃厚ですがクセがなく食べやすいです。あっさり派は『昔ながらの中華そば』(780円)もぜひ」/(C)撮影= 齋藤ジン

東京・新宿区で3店舗を展開する「灯花」グループが、2018年4月20日にラゾーナ川崎プラザのフードコートに登場した。主要ブランドである「鯛塩そば」での出店だが、ラゾーナ川崎プラザ店限定メニューも投入。淡麗系の塩ラーメンが代名詞の同店が放つ、インパクト抜群の一杯とは!?

■ あっさり上品な淡麗系から一転。伊勢エビを使った超濃厚つけ麺!

そのメニューが「伊勢海老つけ麺」(1,180円)で、これまでの「灯花」のイメージを覆す超濃厚スープが特徴。まずは鶏ガラと豚骨、モミジなどの動物系に、大量の伊勢エビを加えて、強火でガンガンに炊き上げて白湯(パイタン)に。さらにそこにカツオ節や宗田節、煮干し、昆布の魚介ダシを合わせて、トータル8時間かけて仕上げている。

鶏と豚、そして伊勢エビの濃厚な旨味がギッシリ詰まったスープはドロドロ。通常、濃厚つけ麺というと醬油ダレが主流だが、素材そのものの味わいがシンプルに感じられるよう、あえて塩ダレを合わせている。その塩ダレにもこだわりが満載。佐賀の海水塩やフランス・ゲランドの塩をブレンドし、さらにサバ節や煮干し、貝柱などの魚介エキスもたっぷり加えている。また、みりんや三温糖でほんのりと甘味もプラス。ガツンと濃厚ながら、マイルドで食べやすい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >