2018/06/13 13:34

<福岡うどん愛>讃岐伝統の製法で作る麺と良質の厳選素材で魅了する「手打ち讃岐うどん 雲海」

「ちく玉ぶっかけうどん(冷)」。まずは風味豊かな旨味たっぷりのツユをかけていただき、次に半熟卵天の黄身を絡めて堪能するなど、味の変化が楽しめる
「ちく玉ぶっかけうどん(冷)」。まずは風味豊かな旨味たっぷりのツユをかけていただき、次に半熟卵天の黄身を絡めて堪能するなど、味の変化が楽しめる

福岡のとある店で食べたおいしいうどんとの出合いがきっかけとなり、単身で香川県に渡って修業を積み、2012年に「手打ち讃岐うどん 雲海(うんかい)」(福岡県糟屋郡志免町)を開業させた大里維宏(しげひろ)さん。おいしさにとことんこだわり、丹精こめて丁寧に仕上げたうどんは多くの人を魅了し、現在ではほぼ毎日満席でにぎわうほどの人気店へと成長した。

■ 食べ応え十分の麺を人気のうどんで楽しむ

讃岐うどん独特の強いコシとつるんとした喉越しの麺を堪能するなら、ぶっかけ、ざるといった冷たいうどんがオススメだ。

「ちく玉」(750円)は、ふんわりと甘いちくわ天、濃厚で旨味のある赤玉を使った半熟卵天が付いたボリューム満点の一杯。ちくわ天は、大里さんが修業時代に出合ったものを観音寺市から直送して使うというこだわりようだ。

福岡のブランド鶏・華味鳥を使った「とり天」(750円)のうどんも人気だ。身が締まった鶏肉は歯ごたえがあり、天ぷらの衣はサクサク。それが大きめサイズで5個も付いており、お得感がある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >