2018/06/29 12:00

毎日でも食べたい!フレンチや中華の合わせ技で創る、三軒茶屋の進化系餃子

「GYOZA SHACK」店長の大塚武史さんは、スパイス&ハーブマスターでもある。抜群の嗅覚を活かして、スパイスの効いた餃子やドリンクをプロデュースしている
「GYOZA SHACK」店長の大塚武史さんは、スパイス&ハーブマスターでもある。抜群の嗅覚を活かして、スパイスの効いた餃子やドリンクをプロデュースしている

ウッディでお洒落な佇まいの餃子専門店「GYOZA SHACK」は、小さな飲み屋が密集することで知られる三軒茶屋の三角地帯に位置する。店内に足を一歩踏み入れると、大塚武史店長はじめ、フレンドリーなスタッフたちが笑顔で迎え入れてくれて、とにかく居心地がいい。

■ 中華やフレンチのシェフが作る多彩な餃子

「うちの厨房メンバーにはフレンチや中華のシェフがいるので、それらの料理の技法とアイディアを活かした常識にとらわれない餃子作りにこだわっています。例えば季節のスープ餃子である『楯野川香る 白湯風スープ餃子』は中華料理の代表的な白湯風スープと餃子を融合させました。餃子の皮はパスタの生地を使っているのでスープ餃子にしてもクタっとならずずっとおいしいのです」(大塚店長)

■ 1つで3度おいしい餃子とは!?

ソースもミソを使ったり、醤油ベースの自家製だったりと餃子ごとに変えている。「うちの餃子は下味がしっかり付いているのでまずは何もつけずに、次にオリジナルのソースをかけて、最後に自家製のガーリックオイルをかけて食べると1つの餃子で3度楽しめます!」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >