2018/06/21 19:35

G系の超新星「麺屋 歩夢」の若き店主は、ラーメン版“Gの星”だった!

「小ラーメン」(750円)。写真はニンニク多め、野菜増し、アブラ多め。麺は小でも茹で上がり前300gで野菜増しにすると総重量1,685gに!/(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也
「小ラーメン」(750円)。写真はニンニク多め、野菜増し、アブラ多め。麺は小でも茹で上がり前300gで野菜増しにすると総重量1,685gに!/(C)KADOKAWA 撮影= 神保達也

2018年4月18日に相模原市・淵野辺に創業した「麺屋 歩夢」。店主の小俣歩夢さんは、G(ガッツリ)系の名店・元住吉の「豚星。」で助手(ナンバー2)を務めていた。そのためマニアの間では前評判が高く、オープン初日に“最大80名待ち”という伝説を打ち立てた。

■ 乳化スープ、自家製極太麺、煮豚、そして黒いアブラとすべてがスゴイ!

オープンから2か月が経った今でも、その人気は衰えず、連日長い行列ができている。なぜそこまでマニアたちを虜にするのか。その秘密を検証していこう。

まずはスープ。豚のゲンコツと背脂、そして煮豚になる塊肉を用いているのは修業先の「豚星。」と同じだが、その炊き方が異なる。「豚星。」はG系の主流である非乳化スープであるのに対し、こちらは乳化スープ。朝から強火でガンガンに炊き上げ、豚自体の旨味を前面に押し出している。また、醬油ダレにもひと工夫。G系御用達の「カネシ醬油」にみりんなどを加えることで、ほんのりとした甘味もある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >