2018/08/09 21:00

“パン好きの聖地”「ツオップ」の2階には妖精が住んでいる?

最寄駅から徒歩で約30分かかるが、平日でも行列は必至。コンセプトは“かならずお気に入りのパンが見つかるでしょう”
最寄駅から徒歩で約30分かかるが、平日でも行列は必至。コンセプトは“かならずお気に入りのパンが見つかるでしょう”

松戸市郊外の住宅地にあるものの、遠方からもファンが訪れる人気パン店「Backstube Zopf」(バックステューベ ツオップ)。400種ものラインナップから、毎日300種以上の多彩なパンが並ぶ“パン好きの聖地”として有名だ。

■ カフェでは料理やドリンクとともに焼きたてパンを楽しめる

「Backstube」とはドイツ語でパン焼き小屋という意味。言い得て妙とはこのことで、都内の個人パン店のようにそれほど広くはない。この空間に多彩なパンがぎっしり並べられているのが魅力でもあるのだが、グリム童話に出てきそうな欧風の設えも愛らしい。ところで、この2階がカフェとして営業しているのをご存じだろうか。

カフェの店名は「Ruheplatz Zopf」(ルーエプラッツ ツオップ)。こちらはくつろぎの場所という意味で、コンセプトは“どうぞごゆっくり”。パン店の上にあるという特性を生かした、焼きたてのパンを料理やドリンクとともにくつろぎながら楽しめる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >