2018/07/03 16:30

職人の味を求めて!福岡・大濠&六本松エリアおすすめのパン屋さん6軒

「マツパン」。昼は込み合うことが多い。比較的空いているのは朝〜11:00ごろだ
「マツパン」。昼は込み合うことが多い。比較的空いているのは朝〜11:00ごろだ

福岡市中央区の大濠・六本松エリアは、名店で腕を磨いた店や、老舗の味を引き継いだ店など、伝承の味を楽しめるパン店が多いのも魅力。大濠公園や九州大学六本松キャンパス跡地の複合商業施設「六本松421」などのおでかけスポットもあるので、寄り道がてらパン屋さんにも足を運ぼう。

■ コンセプトは“お代わりしたくなるパン”「マツパン」

「マツパン」は、六本松の路地裏にあり、隠れ家の立地ながら、閉店前に売り切れることも珍しくない人気ぶり。その理由は、福岡市東区の名店「pain stock」で店主の右腕として活躍した職人の店というのが1つ。

店主の松岡裕嗣さんは18歳でパン業界に飛び込み、弱冠30歳で独立に至った。常に今よりおいしいパンを作る探究心をもち続け、全国の名店へ勉強に赴く。

国産小麦100%使用、長時間熟成、高灰分、扱いに高い技術が必要な高加水生地など「マツパン」のキーワードは多々あるが、すべてのパンに共通しているのが小麦粉の個性を引き出す技。甘味や風味といった小麦がもつポテンシャルを最大限引き出すよう心がけているとか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >