2017/06/21 21:00

土鍋をフル活用! 炊飯器より早い「土鍋炊きのトマトピラフ」【今日の時短ごはん Vol.11】

こんにちは。料理研究家の越野美樹です。今回は、冬に活躍した土鍋を使った爽やかなごはん、「土鍋炊きのトマトピラフ」をご紹介します。トマト嫌いのお子さんにもぜひ試していただきたい一品です。

■「土鍋」がご飯を炊くのに最適な理由
鍋の季節が過ぎると、棚の奥に追いやられがちな「土鍋」。実は一年中活躍する優秀なお鍋です。とくに、普段の「ごはん」を炊くのにはぴったり。

「始めチョロチョロ中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、赤子泣くともふたとるな、最後にワラを一握りパッと燃え立ちゃ出来上がり。」




© Nishihama - Fotolia.com


一度は耳にしたことがあるかも? しれないこのフレーズ。実はこの歌、江戸時代に鉄の羽釜が普及したころにできたと言われていて、「上手にご飯を炊くコツ」を教えてくれています。土鍋は、火のあたりがやわらかいから、ご飯を炊くのに最適なお鍋なのです。


▼「始めチョロチョロ」
まきをくべるように、鍋の中の温度がゆっくり上昇する火加減になるようにして、お米の甘みを引き出します。

▼「中パッパ」
一気に強火にして沸騰させ、お鍋の中を対流させます。お米をやわらかくし、粘りのある仕上がりです。

▼「ジュウジュウ吹いたら火を引いて」
沸騰したら火を弱めて、ご飯が焦げない程度の高い温度を保ち、お米をふっくらとさせます。

▼「赤子泣くともふたとるな」
沸騰した後は、途中でふたを開けずに最後まで蒸らすことで、一段とふくらみと甘味を増します。

▼「最後にワラを一握りパッと燃え立ちゃ出来上がり」
最後に一瞬火を強めて、お鍋の中の余分な水分を飛ばします。


お鍋で炊くご飯は、実は炊飯器よりもわりと早く炊けるんですよ。そのうえ、甘くふっくらと仕上がり、一度食べたらやみつきに!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >