2017/08/01 06:00

黄金色に輝く絶品卵で夏バテ知らず! しょうゆ卵の冷奴

「夏バテで食欲がなくて…」そんな声が聞こえてくるこの時期。

暑さと疲れでなにも喉を通らないなんて日も、たしかにありますよね。

そんな日でも、たったひとつの素材で、白いご飯をおかわりしたくなってしまう最強レシピがあるんです。それが、卵の黄身だけをしょうゆとみりんに漬け込んだ「しょうゆ卵」。

卵黄を大さじ1のしょうゆとみりんに一晩漬けておくだけで、黄金色に輝く、濃厚な絶品卵のできあがり!

卵かけご飯はもちろんのこと、今回のように冷奴にのせたり、納豆に混ぜたり、冷たいうどんなど麺類にからませたり… とアレンジ自在。

夜、寝る前に仕込んでおけば、忙しい朝のご飯のおともにもバッチリですね。

■しょうゆ卵の冷奴

調理時間 5分+漬ける時間 1人分 148Kcal


レシピ制作:家庭料理研究家 近藤瞳


<材料 2人分>
<しょうゆ卵>
 卵黄 2個分
 しょうゆ 大さじ1
 みりん 小さじ1
豆腐 1/2丁
ネギ(刻み) 適量

<作り方>
1、<しょうゆ卵>の卵黄は、小さい器に1個ずつ入れ、混ぜ合わせたしょうゆとみりんを半量ずつかける。ラップをして一晩漬ける。

2、豆腐は半分に切り、スプーンで上を丸く削り、<しょうゆ卵>の置き場所を作る。

3、(2)に(1)の卵黄をスプーンですくって、のせる。刻みネギを散らす。

使わない卵白も捨ててしまわずに、卵焼きやオムレツに余分に加えてふんわりさせてみては? ただしこの時期は特に、割ってから時間を置かず、すぐに使いきるようにしましょう。

(フジノアサコ)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >