2017/09/02 19:00

子ども好みの味わいに! 余らせがちな「練乳」を、おいしく使い切るコツ&レシピ

今年も猛暑が続き、家でかき氷を作った人も多いのではないでしょうか? しかし、好みのシロップやトッピングを用意しても、使い切れず余らせてしまうことも。「練乳」も余らせがちな食材のひとつですが、実はかき氷やイチゴを食べる以外にも、活用するシーンはたくさんあります。イチゴの季節や夏以外にも、練乳をおいしく楽しむコツをご紹介します。

© Paylessimages,© gontabunta - stock.adobe.com



■練乳の材料は「牛乳+砂糖」
「練乳」と聞くと特別なものというイメージがあるかもしれませんが、その主原料は牛乳砂糖。つまり、この2つを使う料理には、手軽に応用できてしまうのです。シチューやカレー、卵焼きなど、料理に少し加えるだけでコクが増し、子ども好みの味わいに仕上がります。

お菓子作りにも大活躍で、砂糖の分量を減らして練乳をくわえるだけでOK。とくに簡単なのはミルクプリン。牛乳と練乳、そしてゼラチンだけで完成します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >