2017/09/25 07:00

新米の季節だからこそお買い得! 古米のおいしい炊き方とアレンジのコツ

新米の季節になると、古米が安く買えたりしますよね。家計は助かるけれど、ニオイが気になることも…。そんなときは、炊き方やアレンジを工夫することが大事。お米をいつまでもおいしく食べる方法を覚えておきましょう。

© KPS - stock.adobe.com



■古米のニオイの原因
古米のイヤ~なニオイの原因は「酸化」。これを取り除くには、再び精米するという方法もあります。白米を無洗米にするコースで取り除ける場合もありますが、やりすぎると米自体が欠けたり小さくなったりすることも。見極めが難しいので、あまりおすすめできません。

炊き方やアレンジで、おいしさをアップさせましょう。

■古米の炊き方をチェック!
米を研いで吸水させたら炊飯器へ。古米もこの通りに炊くのですが、それぞれの工程を少し見直すだけでグッとおいしくなります。

●研ぎすぎに注意!
いつもはお米を先に釜へ入れると思いますが、古米の場合はその順序を逆にします。米を水の中に入れたらすぐに水を捨てて、それから2~3回を目安に研ぐだけで充分です。古米を研ぎすぎると崩れる可能性がありますし、おいしさまで流れてしまうようです。
●吸水前のひと手間が大事
研いだ米はザルにあけて30分~1時間ほど寝かせます。乾燥を防ぐために、濡れ布巾キッチンペーパーなどをかけておくと◎。こうすることで、均一に吸水しやすくなるそうです。
●時間をかけて吸水を
寝かせた米を炊飯器の分量通りの水に浸します。水温は10~15度くらいを目安に、1時間前後、浸しましょう。
●炊く前にちょい足し!
炊飯器のスイッチを押す前に、“ちょい足し”するのもおすすめ。粘りを出したいときにはを2個、ふっくらさせたいならお酒を大さじ1~2、ツヤを出す場合はみりん(ハチミツも可)小さじ1程度を入れるといいですね。


今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >