2017/11/30 08:00

妊娠中は塩分に注意! 「おでん」の具はどう選ぶ?

© ykokamoto - stock.adobe.com



妊婦さんは、むくみ妊娠高血圧症候群の予防などのために、減塩(薄味)が基本になります。この時期おいしいおでんも、具の選び方によっては塩分をとり過ぎてしまうおそれが。妊娠中の方、そして塩分を気にされている方は、減塩視点の食べ方をしてみましょう。

■塩分少なめで、たんぱく源になる具は?
なるべく控えたいのは練り製品。はんぺんやさつま揚げ、つみれやソーセージは塩分の多い練り製品になります。

とはいえ、練り製品はおでんには欠かせない具。たんぱく源にもなりますし、食べてはいけないことは決してありません。しかし、練り物よりも厚揚げなどを選んだ方が、塩分も少なく、たんぱく源としてもおすすめになります。



© hiroty - stock.adobe.com



卵や厚揚げは必ずチョイスするようにして、練り物は控えめにするという構成にしましょう。

■貴重な野菜は、積極的に取り入れて
おでんは意外と野菜がとれないので、大根は必須。食物繊維やカルシウムの多いこんにゃくも必須です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >