2018/11/21 08:00

トロトロ食感で優しい味わい 冷めても美味しい「チンゲン菜の煮浸し」

季節を問わず1年中手にとることができるお手頃野菜の「チンゲン菜」、その栄養価はこれからの時期に欠かせないものばかりです。

緑黄色野菜なため、ベータカロチンはもちろん、風邪の予防に役立つビタミンCも豊富に含まれています。シャキシャキとした歯ごたえも魅力ですが、軽く煮込んだ後のトロッとした食感もまた美味。

煮立ったら弱火で5分のお手軽レシピをご紹介します。

冷めても美味しい煮浸しの完成です。

■チンゲン菜の煮浸し

調理時間 15分 1人分 87Kcal


レシピ制作:料理家 森岡 恵



<材料 2人分>
チンゲンサイ 2株
油揚げ 1/3枚
だし汁 150ml ※
水 1200ml
昆布 10cm角くらい
かつお節 15~20g
<調味料>
みりん 大さじ2
 酒 小さじ1
 しょうゆ 大さじ1
すり白ゴマ 小さじ1/2

※だし汁の作り方はこちら↓をご参照ください。
https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/16419e06c7dc88fc1ce805529b019425.html

<下準備>
・チンゲンサイは根元を切り落とし、長さを3cmに切る。油揚げはザルにのせて熱湯をまわしかけて油を抜き、水気を絞って細切りにする。


<作り方>
1、鍋に<調味料>の材料を入れて中火で熱し、チンゲン菜と油揚げを入れる。煮たったら鍋に蓋をし、弱火で5分煮て火を止める。


2、器に盛り、すり白ゴマを振る。


油揚げからもだしがでて、優しい味わいに仕上がりますよ。時間がない場合は、市販の素を使っただし汁でも代用可です。

(KMmama)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >