2019/05/09 08:00

簡単!新たまねぎの和えるだけ3レシピ 「新たまねぎのイタリアン風」 「新たまねぎのカレーマリネ」 「新たまねぎの韓国風」

新たまねぎがおいしい時期です。
一年中出回っている普通のたまねぎと新たまねぎは、実は元は同じもの。
一般的なたまねぎは乾燥させているのに対し、新たまねぎは乾燥をさせていないので、水分が多くてやわらかく、みずみずしいのが特徴です。

そんな新たまねぎのやわらかさを活かして、かつお節と醤油をかけていただくお浸しが定番ですが、お浸し以外でも、切って和えるだけでおいしく食べられるレシピをご紹介します。

1.醤油、オリーブ油、粉チーズで和えるイタリアン風
2.カレー粉と酢で和えるカレーマリネ
3.ごま油、レモン汁、海苔で和える韓国風

たまねぎといえば、血液サラサラ成分が入っていることで有名ですよね。
これは目や鼻にツンとした刺激を与える香り成分の硫化アリルの作用によります。
この硫化アリルは、たまねぎを切るときに繊維に対して垂直に切ると、より増やすことができます。

ただし、硫化アリルは水に溶けやすい性質をもつので、切ったたまねぎを水にさらす際には、ササッとがおすすめ。
今回のレシピでは、カレーマリネに関しては水にさらさなくても辛みを感じにくいので、さらさないレシピにしていますが、水にさらす作り方になっているものでも、味見をして辛みを強く感じるようなら、できたものを電子レンジで加熱してみてください。
そうすると、辛みを感じなくなりますよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >