2017/11/08 17:09

凡庸な主婦が政治家に…ママ世代が見る「等身大の夢」、トレンディー路線やめた月9枠で『民衆の敵』健闘

篠原涼子は新たなキャラを開花させるか(夕刊フジ)
篠原涼子は新たなキャラを開花させるか(夕刊フジ)

 【トレンドウオッチャー木村和久の世間亭事情】

 トレンディー路線をやめた、フジテレビの月9枠ですが、「民衆の敵」(フジ系月曜9時)が、健闘していますね。トレンディードラマといえば、かつて鈴木保奈美が「東京ラブストーリー」で「カンチー!」と叫んでいた頃が懐かしい。現在、彼女はNHK連続テレビ小説「わろてんか」で、薬問屋の“ごりょんさん”やってます。時代は変わりました。

 「民衆の敵」は、仕事をクビになった主婦の佐藤智子(篠原涼子)が、年収950万円欲しさに、市会議員に立候補する話です。1話目でママ友仲間が選挙の応援をし、投票日までオンエア。結果、次点になったら、最下位当選者が急病でダウン。棚ボタ当選となりました。

 “正義漢”面しないで、金欲しさの立候補がリアルで清々しいです。やがて社会の矛盾や、間違いに気づき、2回目からは、くせのある議員と渡りあうこととなります。さすがオンエアを、衆議院選挙後に、ずらすだけのことはあります。登場人物が実在する政治家と、キャラ被りしています。例えば小池知事風の市長や、派閥のドンって、なんだかな~。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >