2017/11/15 17:09

平尾昌晃さん後継、紅白『蛍の光』4代目指揮者につんく♂確定か 芸能関係者「話題性十分」

タクトを振るだけで説得力がある(夕刊フジ)
タクトを振るだけで説得力がある(夕刊フジ)

 今年の大みそかのNHK紅白歌合戦の出場歌手をめぐり、さまざまな情報が飛び交っている。さらに、今年はラストを飾る「蛍の光」で指揮棒を振るという大役の人選も注目されているが、なんとミュージシャンのつんく♂でほぼ決まりだというのだ。

 「昨年までは、作曲家の平尾昌晃さんがタクトを振っていましたが、今年7月に亡くなられたので、現在は空席ということになります。そこで後任には多くの名前が挙がっていたようです」と放送関係者。

 「蛍の光」は、紅白のフィナーレで出場者全員がステージに上がって歌うのが恒例だが、その指揮は初代が「長崎の鐘」などで知られる藤山一郎さん、「宇宙戦艦ヤマト」で知られる2代目の宮川泰さん、そして平尾さんと“国民的”な作曲者が務めてきた。

 「ほかの出場者同様、NHKへの貢献度もある程度、考慮される」(NHK関係者)とみられており、これまでに多くの作曲家の名前が取り沙汰されている。

 そんな中、つんく♂の名前が浮上したというのだが、「作曲家なので指揮棒も振れる。喉頭がんで声を失い、そこから見事に仕事復帰を果たしたという強いメッセージ性もあり、本決まりのようですよ」と一般紙記者がささやく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >