2018/04/08 08:30

【インタビュー】『パシリム』出演の国際派女優・ジン・ティエン、宮廷に生きる才女との共通点は「どちらも頑固」

ジン・ティエン「麗王別姫~花散る永遠の愛~」
ジン・ティエン「麗王別姫~花散る永遠の愛~」
巨匠チャン・イーモウ監督とマット・デイモンがタッグを組んだ『グレートウォール』でヒロイン役を演じ、トム・ヒドルストン主演『キングコング:髑髏島の巨神』などハリウッド大作に次々出演する中国出身の国際派女優ジン・ティエン。さらに4月13日(金)公開の『パシフィック・リム:アップライジング』も控える彼女が、あの楊貴妃と同じ時代に生きた女性を熱演する中国ドラマ「麗王別姫~花散る永遠の愛~」での役作りや、その美貌の秘訣について語ってくれた。

■あらすじ
皇帝・玄宗が楊貴妃を寵愛していた唐。後に皇帝・代宗となる広平王・李俶(りしゅく)のお妃候補として選ばれたのは、美しき才女・沈珍珠(しんちんじゅ)。だが、彼女はかつて自分の命を救ってくれた初恋の人が忘れられず、縁談から逃れ、その想い人を探す旅に出る。旅の途中で男装していた沈珍珠は、身分を隠した李俶と運命的な出会いを果たすのだが…。

■現代女性も共感!中国宮廷ドラマがいま大人気
いま、中国ドラマ界では「武則天ーThe Empressー」をはじめ、「賢后 衛子夫」「宮廷の諍い女」など、宮廷を舞台に女性ヒロインが活躍する歴史ドラマが多数製作され、ここ数年、韓流ドラマをも凌駕する勢いで人気を集めている。こうしたドラマは、壮大で華麗な世界観とともに、嫉妬や陰謀が渦巻く中、愛を貫くため、あるいは成功を手にするために懸命に生きるヒロインの姿を映し出し、現代に生きる女性たちからも絶大な共感を得ているのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

エネルギッシュに行動するけど、無理をしすぎる傾向も。何事も...もっと見る >