2017/04/26 20:10

ママになったチャン・ツィイー「ロマンチックさ失った」、刺激より安定?―台湾メディア

25日、中国の女優チャン・ツィイーが、子どもを持つ母親になってからはロマンチックな感情のかけらもないと語っている。
25日、中国の女優チャン・ツィイーが、子どもを持つ母親になってからはロマンチックな感情のかけらもないと語っている。

2017年4月25日、中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)が、子どもを持つ母親になってからはロマンチックな感情のかけらもないと語っている。東森新聞網が伝えた。

日本から俳優の浅野忠信も参加した映画「羅曼蒂克消亡史」(The Wasted Times)は、混乱する1930年代の上海を舞台に、マフィアの争いを描いた作品。主人公のモデルは実在した闇社会の首領・杜月笙(と・げつしょう)で、チャン・ツィイーは彼と深い関わりを持つ社交界の花を演じている。

この映画でチャン・ツィイーが恋人に、「私を連れて逃げて」と懇願するシーンがある。チャン・ツィイーによると、過去に同じような言葉を男性に言ったことがあるとのこと。しかし、2015年12月に娘を出産してママになってからは気持ちの変化が大きく、「そんなロマンチックな言葉、頭から消えたわ。考えるのは子どものことだけで、刺激的なこととは縁がない」と話している。

女性がこういった言葉を口にするのは、一生に一度あるかないかで、もちろん「この人なら」と心に決めた男性がいることが大前提だ。チャン・ツィイーによると、撮影中は深く考えていなかったが、完成作でこのシーンを見ると、そのピュアな感情がとても美しく思えたという。

中国で昨年12月に上映された「羅曼蒂克消亡史」は台湾で5月19日から公開される。(翻訳・編集/Mathilda)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >