2017/05/05 11:30

「アジアの昇り龍」元ハードル選手の劉翔、元カノとの再婚は「最高の巡り合い」―中国

4日、元陸上男子ハードル選手の劉翔が、元恋人と復縁して結婚できたことを「最高の巡り合い」と語っている。写真は劉翔。
4日、元陸上男子ハードル選手の劉翔が、元恋人と復縁して結婚できたことを「最高の巡り合い」と語っている。写真は劉翔。

2017年5月4日、元陸上男子ハードル選手の劉翔(リウ・シアン)が、元恋人と復縁して結婚できたことを「最高の巡り合い」と語っている。騰訊が伝えた。

中国が世界に誇るスター選手だった劉翔は、アテネ五輪で金メダルを獲得し、「アジアの昇り龍」とたたえられた。しかしその後は不運が続き、北京五輪、ロンドン五輪と2大会続けての悲劇の棄権でもよく知られる。

私生活では14年9月、当時無名だった女性タレントの葛天(グォ・ティエン)と電撃入籍して国民を驚かせ、ファンを嘆かせたものの1年足らずで離婚。15年7月に現役引退したのち、元恋人で女子棒高跳び選手だった呉莎(ウー・シャー)と復縁し、昨年入籍している。

このほどトーク番組に出演した劉翔が、この再婚について涙を浮かべて激白。呉莎と再び手を取り合えたことは、「最高の巡り合い」だと語っている。波乱万丈を乗り越えた2人について、その原因を作ったのは自分だと反省の言葉も口にした劉翔だが、これまでの人生を振り返って後悔することはないという。

国民の期待を一身に背負った母国開催の北京五輪、さらにリベンジが注目されたロンドン五輪だったが、いずれも棄権という形で終わった。悪夢としか言いようがないこの不幸について劉翔は、「世間の残酷さと温かさ、人の冷たさと優しさをとことん味わった。本当に傷つき、そして困惑した」と言葉少なに語っている。(翻訳・編集/Mathilda)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >