2017/08/17 20:40

慰安婦ドキュメンタリー映画『二十二』が興行収入2億5000万円超、収益は全額寄付―中国

14日上映のドキュメンタリー映画『二十二』は興行収入が1547万元(約2億5600万円)に達した。
14日上映のドキュメンタリー映画『二十二』は興行収入が1547万元(約2億5600万円)に達した。

14日上映のドキュメンタリー映画『二十二』は興行収入が1547万元(約2億5600万円)に達した。メガホンをとった郭柯監督は以前、コストを差し引いて利益があった場合、こうした老人の今後の生活や慰安婦問題の研究に充てるため、上海師範大学中国「慰安婦」問題研究センターに全額寄付するとした。

映画の描く元慰安婦たちのごく普通の暮らしぶりは、「映画として衝突や技巧を欠く」と批評されもしたが、郭監督はすでに数十年前に閉じた深い傷痕を開くようカメラの前で迫るのではなく、彼女たちの普段の暮らしぶりを撮影し続けた。郭監督は、「もし彼女が自分の祖母だったら、私は痛ましい質問に答えるよう求めるだろうか?」と話した。

■22人の生存者はわずか8人に

郭監督の目に映る生存している元「慰安婦」たちは、愛すべき年長者であり、常人には想像しがたい苦難を受けた後もなお「この世界は本当にいい」と微笑むことのできる落ち着いた老人だ。毛銀梅(旧名・朴車順)さんは1922年生まれ。1945年初め、日本人に騙されて韓国の農村から中国湖北省漢口市にあった日本軍慰安所に送り込まれた。その後、混乱に乗じて脱走し、湖北省孝感市に到着。毛主席の苗字ににちなんで毛銀梅と改名し、それ以来70年間中国に留まった。カメラを向けられた毛さんは子供の頃の歌を歌うが、故郷に帰ることはなかった。毛さんが引き取って育てた一人娘が、養母の身上を知ったのは何年も後のことだ。

毛さん宅の裏庭にはクチナシの花が多く植えられている。映画撮影時、毛さんは毎日たくさんの花を摘んで制作チームに贈った。2017年1月18日、毛さんは94歳で亡くなった。2017年7月時点で、映画に出た22人の生存者はわずか9人となっていたが、8月12日にもう一人の生存者である黄有良さんが亡くなったことで、わずか8人となった。

■制作費を除く収益は全て寄付

現在、情報コミュニティサイト・豆瓣における同映画の評価は8.9ポイント。あるネットユーザーは、「映画館に入る前、彼女たちの境遇について、胸が痛むものだと心の準備をしていた。だがそれよりも長く心に残るものは、人間の善良さだった」と評価した。

郭監督にとって、この映画には興行収入より大きな意義があり、1%の上映割り当てさえ得られれば満足だ。郭監督は、「私は一銭も稼ぐつもりはない。コストを差し引いてもいくらか利益があった場合、あるだけ寄付して、彼女たちのために使いたい」と語った。

郭監督は「慰安婦」という言葉を使うことを余り望まない。彼女たちは「とても普通で、善良で、いい」老人なのだ。

こうした映画の撮影は、彼女たちに新たな心の傷を与えるだろうか?郭監督は撮影前に長いこと考え、できるだけ彼女たちを傷つけないようにすることを望んだ。「彼女たちと初めて向き合い、時間をかけてよく知った後に、私たちは今回のような映画撮影の方式を選んだのだ」と郭監督。

また、郭監督は、「私たちはあえてこのように淡々と記録してきた。何人かの老人は遠目に少し映し、撮影機材は入り口に置いて室内には入らず、ただ字幕をつけるだけにした。氏名、住まい、家族構成などを15秒、20秒映す。映画を見る人が彼女たちの生活を知ってくれれば、それで十分だと思う」とした。(提供/人民網日本語版・編集NA)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >