2017/09/28 13:50

韓流アイドル、歌詞に日本語使用で“韓国のNHK”から放送禁止判定=ネットは反発「いつの時代の話?」「これが日本語だなんて知らなかった」

27日、K−POPグループ「Block B」のメンバーP.Oのソロデビュー曲が、韓国の公共放送KBSで放送禁止対象となった。歌詞に日本語が使われたことが原因という。資料写真。
27日、K−POPグループ「Block B」のメンバーP.Oのソロデビュー曲が、韓国の公共放送KBSで放送禁止対象となった。歌詞に日本語が使われたことが原因という。資料写真。

2017年9月27日、K−POPグループ「Block B」のメンバーP.Oのソロデビュー曲が、韓国の公共放送KBSで放送禁止対象となった。歌詞に日本語が使われたことが原因という。韓国・OSENなどが伝えた。

KBSが27日公開した歌謡審議結果によると、同日発売のP.Oのソロデビューシングル「MEN’z NIGHT」が同局での放送不適格判定を受けた。この曲はP.O自身がプロデュースにも携わったとして注目されていたが、歌詞にある「ピカポンチョク」の語が「日本語式の表現」と判断され制裁対象となってしまったという。

「ピカポンチョク」とは日本語の擬態語「ぴかぴか」と、同義の韓国語「ポンチョク」を組み合わせた造語だ。過去には韓国のガールズグループ「CRAYON POP」の曲にも使われており、この曲も2014年4月にKBSから放送禁止の判定を受けていた。

今回のKBSの審議では、このほかラッパーCrucial Starの新曲「夜食」に日本語式表現が使われているとされるなど、全14曲が放送不適格判定を受けた。「夜食」で問題となったのは、「タットリタン」という鶏肉を使った韓国ではごく一般的な料理名。「トリ」の部分が日本語の「鶏」からきているとの説がある。

この報道に韓国のネットユーザーからコメントが寄せられているが、「本当にどうでもいいことにけちをつけるんだね」「いつの時代の話だよ?発売前からまったく頭に来た」「テレビでは普段からあんなに英語を使ってるくせに、日本語一つ使ったからって不適格とはひどい」など、KBSの判断に怒る声ばかりが目立つ。

また、「頭が『ピカポンチョク』だとか昔からかわれた思い出でもあるのかな?」と、その背景を推測するものや、「『ピカポンチョク』が日本語だったなんて今の今まで知らなかった」との告白も寄せられている。(翻訳・編集/吉金)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >