2017/12/20 11:00

ジャッキーも出演の中国版「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、脚本に2年費やし東野圭吾氏も太鼓判!?―台湾メディア

19日、人気作家・東野圭吾氏の小説を中国で映画化した「解憂雑貨店」(ナミヤ雑貨店の奇蹟)では、リメークに向けての審査を無事通過するため、脚本を練るのに2年を費やしている。
19日、人気作家・東野圭吾氏の小説を中国で映画化した「解憂雑貨店」(ナミヤ雑貨店の奇蹟)では、リメークに向けての審査を無事通過するため、脚本を練るのに2年を費やしている。

2017年12月19日、人気作家・東野圭吾氏の小説を中国で映画化した「解憂雑貨店」(ナミヤ雑貨店の奇蹟)では、リメークに向けての審査を無事通過するため、脚本を練るのに2年を費やしている。東森新聞網が伝えた。

中国でも絶大な人気を持ち、アマゾン中国の発表によると、今年上半期の図書売り上げ1位となったのが東野圭吾氏だ。その作品の中で「最も感動的」とされる「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が中国でも映画化され、今月29日から公開予定。日本版の映画が今年10月に公開されて大人気だった台湾でも来月19日に封切り予定で、すでに熱い注目を集めている。

このリメークについて、脚本を担当したソン・シャオ(宋嘯)によると、東野氏の審査が非常に厳格だと聞いていたため、これまで映画化された作品をすべて観てその描写をチェックし、2年かけて脚本を作り上げた。その結果、東野氏からは一発でOKが出て、ほっと胸をなで下ろしたという。

中国版には人気アイドルユニットTFBOYSのワン・チュンカイ(王俊凱)、若手演技派俳優のドン・ヅージエン(董子健)、女優のディリロバ(迪麗熱巴)など、豪華キャストが出演。さらに、公開されたビジュアルポスターを見ると完璧なおじいさんに扮したジャッキー・チェン(成龍)の出演も、大きな話題となっている。(翻訳・編集/Mathilda)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >