2017/12/24 11:50

注目の超大作「空海 KU-KAI」、初日は好調な滑り出し!染谷将太&ホアン・シュエンに称賛の声も―中国

23日、日中合作映画「空海 KU-KAI」(中国語タイトル:妖猫伝)が22日に封切られ、話題作の公開が相次ぐ中、初日は興行ランキング第2位と好調な滑り出しを見せている。
23日、日中合作映画「空海 KU-KAI」(中国語タイトル:妖猫伝)が22日に封切られ、話題作の公開が相次ぐ中、初日は興行ランキング第2位と好調な滑り出しを見せている。

2017年12月23日、日中合作映画「空海 KU-KAI」(中国語タイトル:妖猫伝)が22日に封切られ、話題作の公開が相次ぐ中、初日は興行ランキング第2位と好調な滑り出しを見せている。新浪が伝えた。

日中合作の超大作映画「空海 KU-KAI」が22日、日本に先駆けて中国で封切られた。人気作家・夢枕獏氏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」が原作で、巨匠チェン・カイコー(陳凱歌)監督がメガホンを執ったもの。日本から空海役の染谷将太はじめ、阿部寛や松坂慶子ら豪華な顔ぶれが出演している。

公表された22日のデータによると、「空海 KU-KAI」の初日興行収入は7386万元(約12億7000万円)に上った。同日封切られたジャッキー・チェン(成龍)の話題の最新作「機器之血」は7560万元(約13億円)となり、わずかな差でトップの座を奪われたが、堂々の2位となっている。

新浪が北京市内にある映画館・万達国際影城CBD店で行ったインタビューでは、「空海 KU-KAI」を観た回答者の全員が、10点満点のうち8点以上の評価を示した。「予想以上に良かった」というのが多くの人の意見で、空海を演じた染谷将太と、白居易役の俳優ホアン・シュエン(黄軒)のコンビが「絶妙だった」「とてもいいキャスティング」という声もあった。「最も良かった出演者」の質問には、過半数の人がこの2人の名前を挙げている。

「空海 KU-KAI」では、これまで数々の美人女優が演じてきた楊貴妃役を、台湾とフランスのハーフ女優チャン・ロンロン(張榕容)が演じ、「初の混血楊貴妃」と公開前から注目されていた。これについて観客の意見は、「違和感がなかった」とする人がほとんどで、「気品があり、役にハマっていた」「文句なく美しく、こちらを圧倒する力を感じた」などといった称賛の声も聞かれている。(翻訳・編集/Mathilda)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >