2018/01/04 20:20

中国で日本のリメーク作品がブーム、出来には賛否両論―中国メディア

2017年、中国では日本の人気文学作品、映画を原作とする映画・ドラマ作品が続々と登場した。ただ、そのほとんどは、原作が中国でも大人気だったものの、「中国版」にリメークされると、賛否両論が巻き起こった。
2017年、中国では日本の人気文学作品、映画を原作とする映画・ドラマ作品が続々と登場した。ただ、そのほとんどは、原作が中国でも大人気だったものの、「中国版」にリメークされると、賛否両論が巻き起こった。

2017年、中国では「容疑者Xの献身」、「家族はつらいよ」、「追捕(MANHUNT)」、「深夜食堂」、「妖猫伝(原題:空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎)」など、日本の人気文学作品、映画を原作とする映画・ドラマ作品が続々と登場した。ただ、そのほとんどは、原作が中国でも大人気だったものの、「中国版」にリメークされると、賛否両論が巻き起こった。「十分ローカライズされているか」、「中国の要素が十分含まれているか」などが、「中国版」が中国で受け入れられるかを左右するキーポイントとなっている。人民日報が伝えた。

日本の人気作家・東野圭吾の大ヒット小説を映画化した中国版「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が現在、中国の映画館で上映されている。同作品のリメイクの過程でも、いかに文化の違いを乗り越え、「中国版」に「中国の心」を植え込むかが焦点となった。

外国の作品を中国でリメイクする場合、文化、社会、時代の違いをいかに乗り越えるかがローカライズの際に向かうべき課題となる。この点、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のメガホンを取った韓傑(ハン・ジエ)氏は、「中国文化の根本が最も重要。日本文化は中国の儒教文化の影響を大きく受けており、日本の作品をリメークする際は、必ずそのルーツを見つけなければ、他のすべてをうまく処理することはできない」との見方を示している。中には、海外の文化を中国に伝える際、文化に対する自信、自覚に欠け、例えば日本のストーリーに何も手を加えずにそのまま使い、中国文化の基礎を全く活用しないクリエイターもいるが、それでは必ず失敗する。これまでに、人気だった日本の作品を中国版にリメイクしたものの全く売れなかった作品がいくつもあったが、どれも根本的な原因はそこにあると同監督は指摘している。

その他、中国と日本の間で、対応する時代を探すというのも大切だ。日中両国の倫理の現状、時代の段階には違いがある。例えば、日本の原作が1970年代を舞台にしている場合、それは日本が高度経済成長を経験していた時代にあたる。一方、中国では、80−90年代にそれを経験した。「改革開放(1978年)を背景に、経済が急速に発展し、中国人の生活に対する思い、倫理、道徳も変化した。だから、日本の作品が70年代が舞台であれば、80−90年代にずらすと、中国版のストーリーの舞台にぴったりとなる。そうすれば、原作小説のテーマにぴったりの人物像もでき、リメークにおける課題をほぼ解決できる」と説明している。

中国版「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のストーリー展開、人物の運命にも、中国文化の痕跡がはっきりと見える。中心的な人物である無名のおじいさんは、旧社会を知り、昔に恋愛を実らせることができなかったため、ずっと独身だ。その元恋人の張おばあさんもずっと独身だ。それでも、二人ともその苦い思い出を新たな力に変えている。おじいさんは雑貨店で、手紙を書いて悩みを持つ人を助け、一方の張おばあさんも孤児院を立ち上げ、孤児たちの世話をしている。「このような親切心は、儒教が教える美徳。すべてのストーリーが、17年のある夜に、若者3人が雑貨店に逃げ込むところから始まり、無知で反抗的な若者らがそこで少しずつ『愛』を見つけ、『孝悌忠信』、『礼義廉恥』という美徳を身に付けていく。そのような文化の脈を見つけ出すと、ストーリー全体の糸口、感情の力、倫理的観点もおのずとできてくる」と韓監督。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」では、演技派のベテラン役者のほか、現在注目を集める旬のアイドルも出演している。これは映画製作においてはいろんな資源を組み合わせて使い、高い業績を上げようとする出資者の意向であると同時に、韓監督も「僕の映画は終始一貫して一つの理念を保っている。プロの役者であるか、アイドル、アーティストであるかは重要でない。重要なのは、出演者がその役に適しているか、心の中に秘めたエネルギーを燃え上がらせることができるか、作品に対して責任感を持つことができるか、映画製作に向上心を持って臨めるかなど。それらの点で共通認識に至ってから、僕は製作に取り掛かる」と、旬のアイドルを起用することに反対はしていないと話した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >