2018/01/22 21:30

初の「アジア人バットマン」が誕生か!?ドニー・イェン、英エンタメ紙が選ぶ次世代候補に―中国

21日、英誌が選ぶ「次のバットマン俳優」の候補者にアジア人で唯一、香港のアクションスターのドニー・イェンが選ばれている。写真はドニー・イェン。
21日、英誌が選ぶ「次のバットマン俳優」の候補者にアジア人で唯一、香港のアクションスターのドニー・イェンが選ばれている。写真はドニー・イェン。

2018年1月21日、英誌が選ぶ「次のバットマン俳優」の候補者にアジア人で唯一、香港のアクションスターのドニー・イェン(甄子丹)が選ばれている。網易が伝えた。

「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」の俳優ベン・アフレックが、同役を卒業するようだと報じられる中、英エンタメ誌「ShortList」がこのほど公開したもの。新たなバットマン誕生に当たって、演じる上で必要な条件を持つ有望な俳優リストとして、ジェイク・ジレンホール、キアヌ・リーブス、クリス・パインと並び、アジア人俳優から唯一、ドニー・イェンが名を連ねている。

「ShortList」誌ではドニー・イェンの印象的な作品として、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」と「トリプルX:再起動」を紹介。さらに人気シリーズ映画「イップマン」(葉問)での秀逸なカンフーアクションを絶賛し、「バットマンを演じるに当たって、アクションシーンで代役を必要としない」と強調している。

このリストの中でひときわ目を引いたのが、なぜか候補者に選ばれた米大統領ドナルド・トランプ氏だ。「ShortList」誌ではその理由について、バットマンの“中の人” ブルース・ウェインと同じく、「大富豪かつ奇妙だから」と紹介している。(翻訳・編集/Mathilda)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >