2018/04/07 11:00

第31回飛天賞と第25回星光賞が発表、スン・リーが最優秀女優賞受賞―中国

第31回中国テレビドラマ「飛天賞」と第25回中国テレビ芸術「星光賞」が3日夜、浙江省寧波市で発表され、80後(1980年代生まれ)の俳優の張桐が最優秀男優賞、女優の孫儷が最優秀女優賞を受賞した。
第31回中国テレビドラマ「飛天賞」と第25回中国テレビ芸術「星光賞」が3日夜、浙江省寧波市で発表され、80後(1980年代生まれ)の俳優の張桐が最優秀男優賞、女優の孫儷が最優秀女優賞を受賞した。

第31回中国テレビドラマ「飛天賞」と第25回中国テレビ芸術「星光賞」が3日夜、浙江省寧波市で発表され、80後(1980年代生まれ)の俳優の張桐(チャン・トン)が最優秀男優賞、女優の孫儷(スン・リー)が最優秀女優賞を受賞した。新華網が伝えた。

3段階にわたる審査を経て、無記名投票で今回の「飛天賞」の優秀ドラマ大賞に16作品、優秀ドラマノミネート作品に32作品が選出された。脚本家の申捷氏は「鶏毛飛上天(Feather fly)」と「白鹿原(White Deer)」が評価され、優秀脚本賞を受賞し、陳力監督は「海棠依旧」が評価され、優秀監督賞を受賞した。

今回の「星光賞」の特別賞には5作品、ラジオ・テレビ番組大賞には14作品、ラジオ・テレビ番組大賞ノミネート作品には51作品が選出され、「朗読者シリーズ1」、「中国詩詞大会(The Chinese Poetry Competition)シリーズ2」などがテレビ芸術コラム大賞を受賞。また、「上空から見る中国(原題:航拍中国)シリーズ1」、「黄大年」などがドキュメンタリー大賞を受賞した。

「飛天賞」は中国テレビドラマの政府賞で、1981年から授与が始まり、「星光賞」は中国テレビ芸術の政府賞で、1987年に授与が始まっており、2005年からはこの2つの賞が2年に1度の選出となった。(提供/人民網日本語版・編集YK)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >