2018/05/21 18:30

「万引き家族」がカンヌのパルム・ドールを獲得できた理由とは?―中国メディア

第71回カンヌ国際映画祭の最終日となった現地時間19日、是枝裕和監督の新作「万引き家族」が最高賞のパルム・ドールを獲得し、是枝監督がスピーチでその喜びを語り、同映画祭は閉幕した。資料写真。
第71回カンヌ国際映画祭の最終日となった現地時間19日、是枝裕和監督の新作「万引き家族」が最高賞のパルム・ドールを獲得し、是枝監督がスピーチでその喜びを語り、同映画祭は閉幕した。資料写真。

第71回カンヌ国際映画祭の最終日となった現地時間19日、是枝裕和監督の新作「万引き家族」が最高賞のパルム・ドールを獲得し、是枝監督がスピーチでその喜びを語り、同映画祭は閉幕した。北京日報が伝えた。

「万引き家族」が堂々の最高賞を受賞したことはやや意外な結果と捉える向きもあったが、ここ十数年、是枝監督はカンヌ国際映画祭の常連客とも言える存在であるばかりか、日本映画がパルム・ドールを受賞するのもこれで5回目であり、予想外とは言えないとの見方もある。中国映画が「海外進出」の夢の実現に取り組んでいる中、日本映画の国際映画祭における快挙は、中国にとって、より多く思考をめぐらす事柄であるばかりでなく、多くの希望も与えてくれる。

1962年生まれの是枝監督は、95年に映画監督デビューし、瞬く間に自身の作風を確立した。その映像は素朴で、「家族」を題材にした作品を得意とし、「平成の小津安二郎」と呼ばれている。

中国の映画評論家・陸支羽(ルー・ジーユー)氏は、是枝監督の映画の特徴について、「温かさの中に力があり、胸の痛みを感じさせられるにもかかわらず、視聴者に同情を訴えるようなことがない」と評価する。

是枝監督と交流がある中国の映画評論家・沙丹(シャー・ダン)氏は、今や世界的な巨匠となった是枝監督の性格について「極めて穏やか」と説明し、「彼の作品と同じく、温かみがあり、近づきやすく、謙遜な君子でありながら、近所のおじさんのようでもある」と分析する。

実際には、是枝監督と聞いて中国の観客が思い浮かべるのは「芸術映画の監督」というイメージだ。今年4月初め、中国全国芸術映画放映聯盟は、是枝監督にとって初めてのサスペンスとなった「三度目の殺人」(2017年)を中国の映画館で上映したものの、その興行収入は400万元(約7000万円)にも達しなかった。しかし、沙丹氏によると、「日本での興行収入は10億円を超えた。小津安二郎一監督と同じで、是枝監督の作品を単に『芸術映画』の枠にとどめておくことはできない。彼の作品は日本では基本的に興行収入が数十億円に達する。芸術性がありながらも、市場のニーズにもマッチしている」としている。

「万引き家族」も是枝監督が得意とする「家族」がテーマだ。同作品を鑑賞した映画評論家・桃桃林林(タオタオリンリン)氏は、「近年の是枝監督の作品では最も優れている。一貫してアットホームな作風が保たれながら、代表作『誰も知らない』(04年)のころのように、社会問題へもスポットが当てられている。温かみがあり、涙も出る作品だ」と評価する。また、出演者、特に子役の演技も素晴らしい。

■大賞受賞は歴史や現実とも関係

日本映画がパルム・ドールを獲得したのは「万引き家族」で5回目となる。是枝監督は、黒澤明監督と衣笠貞之助監督、今村昌平監督に続いて同賞を受賞した4人目の日本人監督となった。

今回のカンヌ国際映画祭のコンペティション部門には、「万引き家族」のほか、濱口竜介監督の「寝ても覚めても」もノミネートされていた。近年、日本映画は、カンヌ国際映画祭とベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭の世界三大映画祭で賞を度々受賞している。是枝監督の作品を見ると、「誰も知らない」の主演の柳楽優弥(当時14歳)がカンヌ国際映画祭において、史上最年少で最優秀主演男優賞を獲得した。13年以降は、「そして父になる」、「海街diary」、「万引き家族」と、ほぼ毎年、カンヌ国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされている。「そして父になる」は13年、カンヌ国際映画祭の審査員賞を獲得した。

「日本映画が人気となっているのは、そのアートのハイクオリティーと直接関係がある」と沙丹氏。1950〜70年代、日本の映画界は世界映画の変革期の影響を大きく受け、巨匠も続々と登場。映画という分野では、アジアを牽引するようになり、アジア映画の発展に大きく寄与した。沙丹氏は、「パルム・ドールを獲得したことのある衣笠貞之助監督や今村昌平監督、黒澤明監督などは、基本的に60年代に台頭した」としている。

90年代中期から映画監督となった是枝監督は、小津安二郎監督の作品のような日本映画の温かみある伝統を引き継ぎながら、台湾の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の影響も強く受け、中国を始めとする東洋の美学も盛り込んでいる。そして、そのテーマだけでなく他の面においても、完璧とも言えるほどの完成度で現代の日本の生活感あふれるシーンを切り取り、こうした映画作品を業界のトップクラスへと高めたといえるだろう。

しかし沙丹氏は、「日本映画は世界で大きな賞を受賞しているが、日本国内の映画産業の発展は、それほど思わしくない。市場と資本が足かせとなり、今の日本には、ハリウッド式の大作や純商業映画がほとんどない。主な流行は、漫画の映画化と、現代の都市生活をテーマにした映画の2つだ」と指摘する。後者が流行しているため、日本の映画人は、ヒット作を生み出すためにはひたすら創作に専念せざるを得なくなってきている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >