2018/07/17 18:00

日本は心を充電できる場所!台湾で最も旬な俳優レゴ・リーは日本好き!最新作でツンデレドクター熱演

17日、今台湾で最も売れている旬な俳優の1人であるレゴ・リー主演の台湾ドラマがついに日本上陸。日本でのDVDリリースに合わせ主演のレゴ・リーがインタビューに応えた。
17日、今台湾で最も売れている旬な俳優の1人であるレゴ・リー主演の台湾ドラマがついに日本上陸。日本でのDVDリリースに合わせ主演のレゴ・リーがインタビューに応えた。

2018年7月17日、今台湾で最も売れている旬な俳優の1人であるレゴ・リー主演の台湾ドラマがついに日本上陸。日本でのDVDリリースに合わせ主演のレゴ・リーがインタビューに応えた。

レゴ・リーは、「ハチミツとクローバー ~蜂蜜幸運草~」で注目され、2013年の主演作「我的自由年代(原題)」で大ブレイク。彼の主演最新作が台湾ドラマ「オレ様ロマンス~The 7th Love~」で、同作は“オレ様”なツンデレドクターと、夢見る純情シェフが運命の出会いをするラブコメディ。

ドSだったレゴ・リー演じるヌオが次第にヒロインに惹かれ始め、強がりの裏でヤキモチをやいたり、愛する女性のために奮闘したりと、こっそりと恋に悩む純粋さが女性の支持を獲得。恋愛要素に加え、女性の社会進出や、親との葛藤など現実でも直面する問題も織り交ぜた展開が人気となり、台湾での放送時は同時間帯視聴率1位を獲得した話題作である。「次世代ツンデレ王子」と呼ばれるレゴ・リーの胸キュンな名言も見どころとなっている。

【レゴ・リーのインタビュー】
■「オレ様ロマンス~The 7th Love~」に出演を決めた理由は?

実は前々作、東森テレビ局の「我和我的十七歳」を撮影していたとき、すでに同局から本作の企画案が来ました。東森テレビ局との仕事が順調で相性も良いし、本作のあらすじを読んだら双子を演じることにすごく挑戦してみたいと思いましたので、すぐ出演を決めました。ラッキーなことに、「オレ様ロマンス」の一つ前の作品は医療ドラマでしたので、今回医者を演じるにあたって、すんなりと役に入りこめました。

■夢を叶えて医師になったヌオですが、その背景には悲しい過去と人生を懸けた大きな嘘がありました。演じるにあたり、役作りで工夫したことや苦労したことはありますか?

今回は悲しい過去を抱いて自分の生きる意義を意識していて深みのある役です。役作りで工夫したことと言えば…役者でしたら一生懸命に真面目に普段の生活をしたり、さまざまなことを体験したり感じたりすることが大事だと思います。今まで自分の身に少しずつ蓄積された経験、記憶や感性を演じる役に反映すれば、きっと視聴者に感動を伝えることができると考えています。また、医者という職業に関しては、前作の医療ドラマで十分に準備ができましたので、大きな心配はなかったです。苦労したことは、性格も考え方も違う双子の役を演じることです。どうやって2人を演じ分けるかは難しかったです。

■趣味のネットゲームをしている時は、ヌオは仮面を外して本当の自分になるシーンであったと思います。2面性のある人物をどのような気持ちで演じましたか?

皆さんはきっといろいろな面を持っていて、相手が違えば、表現方法も態度も変わってくると思います。たとえば、仕事のときは、僕は積極的で面白い一面をお見せしますが、プライベートのときはリラックスして寡黙な人間になります。なので、こういう2面性のある人物を演じるときは、やはり普段の生活で蓄積された感情を役柄に投影してみました。難しいことか?と言ったら、人生と同じように、簡単なことは一つもありませんね。

■ヌオはキザなセリフがたくさんありましたが、“オレ様語録”を一つ教えてください。

「どこがじゃなくて、君のすべてが好きなんだ」です。すごくキザなセリフで、僕自身もこのセリフはとても恥ずかしくて、記憶に残っています。

■ヒロインであるガオ・ビンビン役を演じたリエン・ユーハンさんと共演した感想を聞かせてください。また、撮影現場で印象に残っているおもしろいエピソードがあれば教えてください。

ユーハンさんとの共演はすごく面白い経験です。彼女は山に住んでいて、ちょっととらえがたい文学少女って感じ。基本的に彼女は僕とまったく異なる生活や経験をしてきた人間で、彼女から山の中の動物や大自然の話を聞く度に、彼女はまるで天から下界に降りて来た天女のようで、俗人の私たちが彼女の世界に足を踏み入れてはならないと思いました。

ドラマのプロモーションイベントで、僕と彼女がどのぐらい心が通じ合っているかをテストするゲームが行われて、司会者に一番好きな動物は?と聞かれましたが、普通はネコとかイヌとかと答えるじゃないですか。ユーハンさんの答えはヤギでした。会場を爆笑の渦にさせましたね。ちょっと一風変っていますね。撮影中で一番面白いのは、彼女の寝顔をこっそり写真で撮ることです。彼女はすぐ寝られる人なので、ちょっとした撮影の合間ができると、すぐ現場で寝ちゃうのです。撮影現場で2人でよくこの件で冗談のやり取りをしていました。彼女も私の寝顔を撮ろうと試みたものの、全然撮れませんでした(笑)。

■出会った当初、ビンビンとは顔を合わせる度にケンカをしていましたが、ヌオは彼女のどのようなところに惹かれていったのでしょうか? 身近にビンビンのような女性がいたら、好きになったと思いますか?

最悪の出会いから恋愛に発展するというのは、ドラマの定番の展開ですね。ドラマとは言え、私たちはよく最初の印象で人を判断するが、何度も接するうちに、この人のほかの一面が見えてくるということをドラマが教えてくれました。ヌオはビンビンに対して最初は同情、あわれに思う気持ちを抱いていましたが、接していくうちに、徐々に彼女の善良さ、努力、根性が見えてきて、それで惹かれていったと思います。皆さんもきっとこのような女性がいたら好きになるのではないかと思います。

■恋人になったビンビンだけに見せる甘えた姿がとっても愛らしかったです。レゴさんもヌオみたいにツンとデレが同居して、人を好きになる前と後で変ったりしますか。

僕は恋に落ちる前と後はあまり変らない人です。ヌオの場合はちょっとドラマチックすぎたかなと思います。ただ、僕は年齢を重ねるにつれて、包容力がより高まり、女性に対して大事にしたい気持ちが強くなって、相手の立場から物事を考えられるようになりましたね。僕にとってこれはすごくいい変化だと思います。

■ヌオには忘れられない母の味がありましたが、レゴさんには幼いころから大切にしているものや、思い出の味はありますか?

母が作る「ピータンと豚肉のおかゆ」が大好きです。母は料理がすごく上手です。記憶の中では、僕がしばらく家を離れて帰ると、母がこのおかゆを作ってくれるのです。味は外で売っているのと全然違います。だから、ヌオみたいに、外でもし同じ味の食べ物を食べると母の味を思い出して感動します。

■「オレ様ロマンス~The 7th Love~」は、何度生まれ変わっても同じ相手と運命の恋に落ちるというロマンチックなテーマの作品ですね。レゴさんはこのような輪廻転生を信じますか?

信じません。なぜなら、まだこのようなことを感じたことがないからです。輪廻転生とかどうでもいいです。とにかく今世で自分が運命の人に出会えたと思ったら全身全霊で愛しましょう。

■挿入歌「唯一」の優しくも力強い歌声が素敵でした。挿入歌を歌った感想を聞かせてください。

歌を歌うのが大好きです。自分で音楽を作ったり、ドラマや映画の挿入歌などを歌ったりもしてきましたが、そのためか、主人公の気持ちを僕に歌ってほしいと局から誘いが来ました。誰よりも主人公の抱く葛藤や複雑な気持ちを表現できて、視聴者により感情移入させることができるからかもしれません。僕を信頼してくれた局や、作曲作詞してくれたティエン・ヤーフオさんに感謝です。おかげで素晴らしい曲をお届けすることができました。

歌った感想は…疲れました(笑)。撮影の最中にレコーディングを行ったので、とても疲れました。いまだに覚えていますが、初めてレコーディング室に行ったとき、ドラマの撮影で声がちょっとかれていて、撮影だけで大変なのになんで歌うことを引き受けたんだろうと心の中でつぶやきました(笑)。でも、完成した曲を聴いたら、ほっとしました。多くの皆さんに気に入っていただけたとのことで、大変ありがとうございます。

■台湾で放送されたとき、視聴率が右上がりに上昇し、中盤以降全チャンネルの週末ドラマを差し置いて1位を獲得しました。非常に人気があって“台湾ドラマの春が来た”とメディアに絶賛されたほどですが、このドラマの人気の理由は何でしょうか。

人気の理由は、視聴者の皆さんがストーリーに感情移入できること、普通の生活でなかなか出会わないロマンチックな恋愛への夢を見させてくれることかと思います。「オレ様ロマンス」はロマンチックな部分だけではなく、現実の生活で直面する問題もふれています。たとえば、女性の仕事か恋愛かの選択、親との葛藤やその解消、こういった内容も視聴者の皆さんの心の琴線に触れたのではないかと思います。撮影するとき、僕も視聴者の皆さんのことを念頭に置きながら、演技に工夫していました。皆さんがこの作品を支持してくださって本当にありがとうございます。良い演技をすることは僕の仕事です。撮影が終わってしまったら、ドラマは僕のものではなく視聴者の皆さんものになります。視聴者の皆さんがどう感じたかどう思ったかが一番大事です。とにかく皆さんに心から感謝しています。

■「オレ様ロマンス~The 7th Love~」の撮影後は、充電期間として日本を訪れたと伺いました。旅先に日本を選んだ理由を聞かせてください。

昔から日本が好きです!日本の空気、フレンドリーな人々、きれいな街並みが好きです。姉がいま日本に住んでいるというのもあって、よく会いに行きます。それに、日本に友だちが何人かいます。今度機会があれば、大型バイクをレンタルして日本をゆっくりじっくり旅行したいです。日本は僕にとって、とてもリラックスできて心を充電できる場所です。

■最後に、DVDリリースを楽しみにしている日本のファンの方々に向けて、メッセージをお願いします。

「オレ様ロマンス~The 7th Love~」は気楽に楽しめる面白いラブコメディです。また、女性が仕事と恋愛の間に揺れ動く姿も、つらい過去の苦悩と葛藤を乗り越える過程も描かれています。思いっきり笑えるところもあれば、ジーンと来るところもあります。僕は頑張って演じましたので、皆さんにこのドラマを気に入っていただけたら嬉しいです。ありがとうございます。これからも良い作品をお届けしたいと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >