2018/07/18 11:00

「世界で最も失敗した映画」米メディアもあぜん…、豪華キャスト&スタッフの「阿修羅」わずか3日で上映終了―中国

17日、中国映画「阿修羅」が封切りからわずか3日で上映を終了したことで、「世界で最も失敗した映画」と米メディアもその惨状を報じている。
17日、中国映画「阿修羅」が封切りからわずか3日で上映を終了したことで、「世界で最も失敗した映画」と米メディアもその惨状を報じている。

2018年7月17日、中国映画「阿修羅」が封切りからわずか3日で上映を終了したことで、「世界で最も失敗した映画」と米メディアもその惨状を報じている。大紀元が伝えた。

今月13日に封切られた中国ファンタジー映画「阿修羅」が、15日夜に突然の上映終了を発表した。構想6年、製作費7億5000万元(約126億円)を投じ、「阿修羅」3部作のトップとして公開されたが、封切り後の最初の週末にも関わらず、3日間の興行収入はわずか4618万元(約7億8000万円)にとどまり、早々に撤退を決めている。

「画皮 あやかしの恋」などヒット作を手掛けた楊洪涛(ヤン・ホンタオ)がプロデュースし、ハリウッドから「ホビット」「パシフィックリム2」「ロード・オブ・ザ・リング」のスタッフをはじめ、「ワイルド・スピード SKY MISSION」などに参加した視覚効果アーティストのチャーリー・イトゥリアーガを迎えたこの作品。キャストも豪華で、香港の名優レオン・カーフェイ(梁家輝)や女優カリーナ・ラウ(劉嘉玲)、中国の人気俳優ウー・レイ(呉磊)などが出演している。

封切り早々に映画・ドラマの情報サイト「豆瓣(douban)」では、ユーザー評価が3.1点と、中国映画では史上最低記録を更新。上映終了について、映画の題材に対する当局の関与などさまざまなうわさが飛び交う中、米経済メディアのクオーツ(Quartz)では早速この惨状について、「ハリウッドでは上映2週間ほどで撤退という例があるが、わずか3日とは前代未聞。相当な失敗作と言わざるをえない」と報道。また、「阿修羅」の損失額が1億600万ドル(約120億円)に上ることについて、「世界で最も失敗した映画」の一つになりそうだと伝えている。(翻訳・編集/Mathilda)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >