2018/12/07 21:40

氷点下6度で胸元あらわな“拷問”ドレス、人気女優ヤン・ミーのスタイリストにファンから怒り―中国

6日、氷点下6度にまで冷え込んだ北京市で行われたイベントに、中国の女優ヤン・ミーが胸元もあらわなドレスで登場。衣装を選び間違っていると、ネット上ではスタイリストを批判する声が上がっている。
6日、氷点下6度にまで冷え込んだ北京市で行われたイベントに、中国の女優ヤン・ミーが胸元もあらわなドレスで登場。衣装を選び間違っていると、ネット上ではスタイリストを批判する声が上がっている。

2018年12月6日、氷点下6度にまで冷え込んだ北京市で行われたイベントに、中国の女優ヤン・ミー(楊冪)が胸元もあらわなドレスで登場。衣装を選び間違っていると、ネット上ではスタイリストを批判する声が上がっている。新浪が伝えた。

今月4日、男性誌エスクァイア(Esquire)による毎年恒例のイベント、「MAHB年度先生盛典」が北京市で行われた。当日は氷点下4~6度にも冷え込む中、レッドカーペットで最も注目されたのが人気女優のヤン・ミー。Ermanno Scervino(エルマンノ・シェルヴィーノ)のドレス、Stuart Weitzman(スチュワート・ワイツマン)のハイヒールというエレガントなファッションで登場したが、極めて寒い中にもかかわらず、胸元はじめ太ももから下まであらわにしている。

このヤン・ミーの姿に、「これは異常」「病気になる」「まるで拷問だ」とネットユーザーが主催者に非難を浴びせたほか、ヤン・ミーのファンからは、担当する著名スタイリストの姜成皓氏に対し、批判の声が噴出。これまでにも場違いなドレス、気温を無視したファッションを提供したとして話題になってきただけに、ファンからは「即解雇を!」と怒りの声が上がっている。

なお、身も凍るような中で笑顔を絶やさずプロ意識の高さを見せたヤン・ミーだが、個別のインタビューでは、「後ろで待っているゲストも寒い思いをしているので、早く切り上げます」と、参加者への思いやりを見せる場面もあり、その気遣いが称賛されている。(翻訳・編集/Mathilda)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >