2019/03/20 13:20

アジアで最もハンサムな顔100人、トップに中国のウー・ジン、羽生結弦もランクイン!―米メディア

米映画情報サイト・TC Candlerがこのほど発表した「2018年アジア太平洋地域で最もハンサムな顔100人」リストに、中国のフー・ゴー、クリス・ウー、ダン・ルン、イー・ヤンチェンシー、レイ、リー・イーフォン、ヤンヤンなどがランキング入りした。
米映画情報サイト・TC Candlerがこのほど発表した「2018年アジア太平洋地域で最もハンサムな顔100人」リストに、中国のフー・ゴー、クリス・ウー、ダン・ルン、イー・ヤンチェンシー、レイ、リー・イーフォン、ヤンヤンなどがランキング入りした。

米映画情報サイト・TC Candlerがこのほど発表した「2018年アジア太平洋地域で最もハンサムな顔100人」リストに、中国のフー・ゴー(胡歌)、クリス・ウー(呉亦凡)、ダン・ルン(トウ倫)、イー・ヤンチェンシー(易烊千璽)、レイ(張芸興)、リー・イーフォン(李易峰)、ヤンヤン(楊洋)などがランキング入りした。

春節(旧正月、今年は2月5日)連休に合わせて公開された中国のSF映画「流浪地球(The Wandering Earth)」で再び大ブレイクしている中国人俳優のウー・ジン(呉京)が、長期にわたり各ランキングでトップに立っていたツァイ・シュークン(蔡徐坤)とワン・ジュンカイ(王俊凱)を抑えて、同ランキング1位に立ち、予想外の展開となった。同ランキングトップ10はウー・ジン、ジョングク、古川雄輝、アーミル・カーン、羽生結弦、フー・ゴー、クォンジヨン、クリス・ウー、ジャクソン、チャンヨルだった。(提供/人民網日本語版・編集/KN)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >